も~。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
夢日記170213
2017-02-13 Mon 16:14
- 2017年02月13日 月曜日 9:48
洞穴に作られた病院の中にいた。手前の方は整備されていて電気も通っていたけど、奥へ進むと岩肌がむき出しになり、電気が通っていなかった。私はその奥の診察室に用があり、そこで歯を抜くことになっていた。松明で照らされた薄暗い廊下を歩いていると、うずくまっている人や、ぼそぼそとしゃべっている人がいて、不気味だった。目的の診察室の前には列ができており、中からは悲鳴が聞こえていた。麻酔ないんだろうなと考えているうちにも列は進み、ついに自分の番が回ってくるところだった。目の前には「夢から覚めますか? はい/いいえ」というウィンドウが浮かんでいたけど、怖いもの見たさで無視した。でも結局、歯を抜かれる瞬間に目が覚めた。

別窓 | 夢日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
夢日記161213
2016-12-13 Tue 15:10
- 2016年12月13日 火曜日 09:27
ある日、新人類が現れた。元々いた人類、旧人類全ての人間を複製したような存在で、テレパシーが使えるらしい。新人類は同一人物の旧人類の居場所が、太陽を通してテレパシーでなんとなく把握できて、新に触れられると旧は消える、旧が勝手に死んでも新は消えず、新が死ぬと旧も消えるという旧人類にはどこまでも理不尽なものだった。
私は10人ほど人を集めて、古いマンションに身を潜ませていた。窓がひとつもなく、隠れるのにちょうどよかった。

別窓 | 夢日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
夢日記161204
2016-12-04 Sun 14:41
- 2016年12月04日 日曜日 08:06
廃墟となったコンビニで、アイスを溶かしてみかんにコーティングしようとしている人がいた。町は崩壊しており、私はそんなことしている場合じゃない!と訴えた。
数ヶ月前、この地域に伝わる血塗られた歴史を破壊しようという人が現れた。また、この意見に同調する過激な連中も現れ、彼らによって街のあらゆる建物は、一夜にして外周工事用の足場が張り巡らされた。
この辺りの地域には食人の過去があり、古い家の庭には骨を捨てる蓋付きの穴があるという。その事実をもみ消すにしても、やり過ぎだと思う。住民達の抵抗むなしく、足場に仕掛けられた爆薬によって辺りはボロボロになった。
私が廃コンビニで遭遇した人は、この惨状に心を壊した人だったらしい。避難所へ引っ張って行こうにも全く動かせず、誰か呼ぼうか悩んでた所で目が覚めた。

別窓 | 夢日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
夢日記161201
2016-12-01 Thu 14:21
- 2016年12月01日 木曜日 09:12
異世界のような場所にきていた。街並みの雰囲気はフランスに近くて、でも東京タワーのような真っ赤な塔が建っていた。私は塔を見上げるようなアングルでスケッチをした。半分くらい描けたところで、同じアングルから写真を撮って帰ることにした。どのように帰ったのかはわからない。家に戻ってから写真を確認すると、見上げるような写真は一枚もなく、全て塔より高い位置から見下ろした写真になっていた。

別窓 | 夢日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
夢日記160902
2016-09-02 Fri 13:14
- 2016年09月02日 金曜日 10:02
最近蜘蛛の巣をよく見かけるし、それに引っかかってしまう。たいてい背中とか後頭部とか、見えない部分が引っかかる。そして毎回、恐怖でアァァァ…とか変な声をあげながら引き剥がすのだった。頑丈な糸なのか、弦をはじくようなぺんぺんという音が聞こえていた。

別窓 | 夢日記 | ∧top | under∨
<<BACK | せれね症候群! ―Selene syndrome!― | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。