も~。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
夢日記160208
2016-02-08 Mon 15:12
- 2016年02月08日 月曜日 14:48
夜だったけど、買い物をした後なのに、再びすることになった。割引になるとかで、さっきの中身が入った状態の買い物袋を持って行かなければならなかった。家を出ると向かいには、和風料理のお店があったけど、そのお店の屋根にセーラー服姿の女の子が立っていた。自殺する気だと理解した私は、危ないと叫びつつ走り寄ったけど遅かった。頭が半分状態で、ブリッジのような体勢になって死んでいた。私は思わず家に戻った。その直後、家の扉を叩く音がした。チェーンをかけて隙間から覗くと、死に装束姿の青白い肌をした女がいた。女もこちらを覗き込もうとしているようだった。扉を閉めたけどそれでも扉の磨り硝子に顔を近づけて、こちらの様子を探っている素振りをみせていた。女の表情は、不思議そうにポカーンとしているか、面白そうに微笑んでいるかのどちらかだった。女の気配が消えたので、また扉を少し開けて覗いてみると、女は他の家の前にいるようだった。もう大丈夫だと判断した私は、買い物袋を持って、今度こそ買い物することにした。料理店の前には未だ死体があった。スーパーに向かう途中、パトカーとすれ違った。これでこの問題は解決したと、そんな気がした。

- 2016年02月08日 月曜日 08:43
心の世界に入ることができるようになった。そこは、きらきらと黄金に輝いていて、5つの施設があった。施設は、レストラン、コンビニ、映画館があったのはおぼえている。レストランには大きなプールがあって、カタツムリとかブタの生肉がメニューに載っていた。

別窓 | 夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<夢日記160211 | せれね症候群! ―Selene syndrome!― | 東京の敵…?>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| せれね症候群! ―Selene syndrome!― |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。